カイジ ファイナルゲーム (2020)

シリーズ累計発行部数2100万部を超える大人気コミック「カイジ」を、藤原竜也主演で実写映画化したシリーズ第3作。原作者の福本伸行が脚本に携わり、4つの新ゲーム「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」が登場するオリジナルストーリーが展開する。前2作に続き、佐藤東弥監督がメガホンをとり、天海祐希、松尾スズキ、生瀬勝久らが再登場するほか、福士蒼汰、関水渚、新田真剣佑、吉田鋼太郎らが新たに参戦する。

カイジ ファイナルゲーム (2020) 予告

カイジ ファイナルゲーム (2020)

2020年、東京オリンピックの終了を機に景気は急激に落ち込み、貧富の格差がかつてないほど広がった日本。そんな社会で、変わらず底辺の生活を送っていたカイジは、ある日、帝愛グループ企業の社長に出世した大槻と再会。彼から、金を持て余した老人が主催する若者救済イベント「バベルの塔」の存在を知らされたカイジは、一攫千金を懸けた大勝負に挑む。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 映画 ST赤と白の捜査ファイル (2015)

  2. カイジ 人生逆転ゲーム (2009)

  3. カイジ2 人生奪回ゲーム (2011)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。